時間のゆっくり流れるスイス、レマン湖のほとりから日々の生活を綴ります。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
ワールドカップ2010
World cup group
ワールドカップのグループ抽選が終わってかなりたちますが最近の新聞に
↑こんな記事が載っていました。訳してみると

「サッカー。2010年のワールドカップのために日本代表チームは
ヴァレー州の高地で調整します。サースフェでの滞在は5月25日から
6月6日。南アフリカでの対戦相手はオランダ、カメルーン、そして
デンマークです。」

私たち夫婦にとってすごく偶然が重なりすぎていて信じられない
グループです。まずマー坊の母国オランダ、そして彼の親友Nのデンマーク、
そしてNの奥さんのカメルーンの組み合わせなのです。果たしてどの国を
応援していいのか。。。

キャンプ地のサースフェはいつも行くシャンプッサンから1時間強くらい
なので青のタオル巻いて応援に行くつもりです。スイスから日本代表を
送り出せるなんてなんていう幸運。待ちきれないです。
スポンサーサイト
page top
祝!結婚
P1050056.jpg
前回書いたように日本滞在の目的のひとつは家族ぐるみの友人の
結婚式でした。10歳くらいの時から知っている花嫁さんのMちゃんの
綺麗な晴れ姿に感動しました。

余興で歌があったり手作りのビデオがあったりで新郎新婦の招待客に
楽しんでもらいたいというホスピタリティーが感じられてとっても
温かい式でした。マー坊にとっては初めての日本での結婚式。
日本語が分からないながらもパーティー的な雰囲気は十分楽しんで
いたみたいです。
P1050012.jpg
私はスイスではなかなか着る機会のない着物で参加させていただきました。
たまには和の心を思い出すのもいいですな。
P1050358.jpg
式の翌々日にはマー坊の長年の夢であった沖縄旅行です。
続きはまた今度。かなりひっぱります。。
page top
久しぶりの帰国
P1050639.jpg
サボり癖があるのは認知していましたが4ヶ月も開けてしまうとは。。
しかし時がたつのは早い。もう今年も残り1ヶ月弱になってしまいました。

更新してない間も色々とあったのですが先月半ばに1年9ヶ月ぶりに
帰国をしたのでこれをきっかけに重い腰をあげることに決めました。

今回の帰国は知人の結婚式、8月に生まれた姪に会うこと、実家で
ゆっくりする事、マー坊長年の夢であった沖縄旅行が目的でした。
P1050649.jpg
そして姪のほかにも実家には新しいメンバーが加わわりました。
トイプードルのチビ。捨て犬だったチビを引き取って今では姫の座に
君臨しています。普段は甘えん坊で可愛いのだけれど↑これはちょっと。。
バイオハザード並みの恐ろしさが。しかも後ろに写りこんだ黒ラブパパも
目が赤くなってロボラブになっています。それにしても奇跡的なショット。
P1050684.jpg
姪は3ヵ月半でこのように立派に育っています。上2人が男の子だから
待望の女の子です。これで子供服を見に行く時に地味ーな男の子セクション
だけではなくてピンクやフリルの可愛い女の子コーナーにも行けます。

とりあえず今回は手短に。次からはたまった日記をどんどん書いていこうと
思います。
page top
初!パラグライダー
IMG_1339.jpg
さて、前回更新したディナーパーティーの翌日は少し怖いながらも
待ち望んでいたパラグライダーです。前日の悪天候のために今回は
Goサインが出ないかもしれなかったのですが午後になってようやく
インストラクターから確認の電話がありました。ここでようやくマー坊に
ネタばらし。私だったら怖い怖い!って騒ぎそうだけど彼はなんだか
普通~。。。でした。
IMG_1340.jpg
5人のトップバッター↑これはAちゃん。皆ここに来るまでは少し怖がって
いたのだけれどいざ器具を付け始めると不思議と早く飛びたいという思いの
ほうが強くなったと言っていました。こんな景色見たら誰でもそうなるのかな。
P1040866.jpg
そしてインストラクターの2人が戻ってきて次は私とKちゃんの番です。
顔は隠してあるけど実はちょっと緊張の面持ち。。離陸はスムーズに行き
あっという間に空中に浮いてました。
IMG_1360.jpg
普段は車から見ている景色を空中から眺めて感激でした。
なんだかいつもより色のコントラストが濃かったように思えたのは
幻覚でしょうか。
P1040338.jpg
針葉樹林や家畜の牛や羊の上空を通り過ぎて15分の鳥体験はあっと
言う間だったけどスイスの自然の素晴らしさを再発見しました。
IMG_1367.jpg
そして主役のマー坊の番にはトリにふさわしく、見てるこっちが怖くなるような
急降下や急回転などの色んな技をインストラクターが見せてくれました。
IMG_1369.jpg
真っ青になって着陸するんじゃないかと心配だったけど本人はこの通り。
免許を取る講習に通いたいなんて言うほど気に入ってくれたみたいです。

という事でサプライズパーティーは大成功!またスイスでいい思い出が
出来ました。
page top
祝、25歳
IMG_1319.jpg
先週25歳になったマー坊のために山でサプライズパーティーをしました。
どんなサプライズかというとまずは友達が来ることを知らない、その上に
パラグライダーもやってしまおうという企画でした。まず先に私たちが着いて
おいて遅れて友達が来て驚かせるつもりが車が到着する瞬間に偶然窓の外を
チラ見したマー坊に見つけられて何とも中途半端なサプライズになってしまいました。
IMG_1311.jpg
そしてサプライズをされた事のない彼は初めはどう反応してよいのか
分からなかったみたいですが友人に囲まれてリクエストした日本食を
堪能してこんな笑顔に。マー坊ももう25歳です。
P1040294.jpg
メニューはちらし寿司、あんかけ玉子、生春巻き(日本食ではないが)、
鶏肉の辛味グリル、
IMG_1293.jpg
そして巻き寿司、おいなりさん、酢の物でした。日本人のお友達の
Aちゃん、Kちゃんに手伝ってもらいこんなに豪華になりました。
大人数でテーブルを囲むのは楽しいですね。日本の実家ではよく
人が集まっていますが見習ってこういうイベントをもっと企画したいです。

この日はそのまま別荘にみんなで泊まって次の日はもうひとつの
サプライズをしました。この時点では何も知らないマー坊。。続く。
page top
今年の夏も
Plant 09 2
今年も家庭菜園の夏がやってきました。家の小さなベランダでも
結構いろんな物が作れるんですよ。毎年のようにまずはトマト。
Plant 09 3
そしてトウガラシ。プランターでも十分育ちますしたくさん実を
つけてくれます。
Plant 09
今年は新顔の枝豆も植えられています。これが今夏の目玉でしょうか。
スイスのDIYショップで偶然種を見つけてうれしくて仲間入りに決定。
朝から午後3時ごろまで太陽が降り注いでぐんぐん育っています。
このほかにもネギと大葉が参加する予定です。



page top
親族の結婚式
Wedding Holland 3
先週末はマー坊のお兄さんの結婚式がオランダで行われ
親戚一同が集まりました。金曜日の仕事後にオランダへ飛び
スキポール空港から電車でさらに2時間半かけてマー坊の両親の
別荘に直行です。オランダ北部のフリースランドにあるゴルフ場の
中に建てられていて結婚式の前にゴルフをしながら少しリラックス
しようという魂胆でお呼ばれしました。この周りにはオランダ特有の
湿地帯が広がっていてゴルフの他にもサイクリングやキャンプや
ボートを楽しむことができます。
Wedding Holland
さてメインの結婚式ですが新婦の実家への迎えから始まり個人邸宅の
庭での式、そして同じ敷地内でのディナー、ダンスパーティーと大勢の親族、
友人に囲まれてそれはそれは素敵なものになりました。↑これは新婦の
お宅の庭。隠れてるのが残念なくらい幸せそうな笑顔。
Wedding Holland 2
そして入場のシーン。右奥に見えるテントで式が行われました。日本で言う
人前式がオランダでは主流で指輪交換や証人と新郎新婦の正式書類の
署名などが華やいだ雰囲気の中すすめられました。二人の末永い幸せを
願うばかりです。
page top
プラハ最終記
Prague 28
プラハ城の邸内には黄金の小路と呼ばれる今はお土産屋さんや
レストランになった小さな家が並ぶ通路があります。その昔に
錬金技師が住んでいたことから黄金の小路と呼ばれるように
なったそうです。
Prague 21
お土産は↑木製玩具や↓陶器の飾りなど女心を
くすぐる物ばかり。
Prague 22
値段もそんなに高くないからついついいくつも
買いたくなってしまいます。
Prague 23
イースターにこんな飾りをしたら絶対可愛いはず。
Prague 24
そして昼間よりムードの増したカレル橋です。この日は
運よく川岸で花火も上がって私たちの旅の最終日に花を
添えてくれました。
Prague 25
ライトアップされたプラハ城。
Prague 27
最後に私のお気に入りの写真を。プラハでは連日クラシックコンサートが
行われているのですが街角でも気軽に楽しむことが出来ます。

私たちの2泊3日のプラハの旅、写真を通して雰囲気を
感じていただけたでしょうか。
page top
プラハ女二人旅 2日目
Prague 14
1日目には旧市街を歩き回ったので2日目はトラムに
乗ってモルダウ川対岸丘のプラハ城を訪れました。
Prague 15
トラムを降り葡萄畑の脇の坂をのぼっていきます。
この日は天気にも恵まれ観光日和でした。
Prague 16
レンガ色の屋根が連なるプラハ城のふもとの景色。
綺麗なので写真も大きくしてみました。
Prague 17
お城の敷地に入る門の脇にはバッキンガム宮殿のように
1歩も動かないガードが立っています。恐ろしい形相の彫刻が
門の脇を飾りお城を守っているようです。
Prague 18
そして最大の目玉、聖ヴィート大聖堂の中を見学。ゴシック様式の
基礎の中に後に付け加えられたムシャによるアールヌーボーの
ステンドグラスなど興味深い芸術品で装飾されています。
Prague 19
美しい写真に説明は必要ないですね。
Prague 20
聖ヴィート大聖堂はチェコで一番規模が大きく影響力のある教会だそうです。
写真からこの迫力が伝わればいいですが。

プラハの旅は次の更新まで続きます。
page top
プラハ女二人旅
Prague 1
前回の更新で言ったように香港から来た友達とプラハを
旅行してきました。2泊3日の短い日程でしたが程よく
コンパクトな街に観光スポットが詰まっているプラハには
十分でした。

初日ははりきってジュネーブ空港から1番便の6時発。
前日は出かけていたので睡眠2時間の強行軍です。
Prague 2
本当なら直行便もあるのですがなぜか私たちはチューリッヒで
乗り換え。スイスインターナショナルの飛行機がずらーっと
並んでいます。
Prague 4
やはり睡眠不足の悪魔には勝てず4時間ほど寝てから
プラハの街中へ。1日目は市内を、2日目はプラハ城を
観光する予定です。

まずはPowder towerという旧市街を経てプラハ城へ続く
道の門のひとつの塔に登って360度街を眺めてみました。
ボヘミアンな雰囲気の漂う風景。この写真で分かるように
天気はどんより寒いくらいでした。
Prague 5
↑旧市街の広場。ここにはナショナルギャラリーや
天文時計など観光スポットが集まっているしテラスも
たくさんあるので常に観光客でにぎわっています。
Prague 6
プラハにはいたる所に木製のおもちゃやマリオネットの
お店があります。可愛らしいおもちゃがたくさんでどれに
しようか迷う事はあってもお土産に困る事はありません。
Prague 9
プラハの観光名所のひとつ天文時計は14世紀に
設計されたそうです。複雑な装飾で太陽と月と地球の
位置関係を表したりと理解困難ですが詳しく知りたい
方にはこちらを。→ウィキぺディア
Prague 10
毎時間0分になると12使徒が2つの窓から行進します。
これをみるためにかなりの人だかりができるのですが
あっという間に終わるのでため息に近い歓声が上がって
苦笑い。
Prague 12
広場からすぐのカレル橋にも行きました。プラハといえば
こことプラハ城がやはり有名ですよね。1357年に当時の王
Charles4世が建築を命じて当時は両岸をつなぐ唯一の
橋だったそうです。橋の脇を飾る彫刻は15世紀に入るまでは
1つもなかったそうですが今では清掃もされないのか
真っ黒になっています。
Prague 13
それがまた中世の雰囲気を高めているのか。橋から
プラハ城までの眺めは現代人がいるのが不思議に
思えるくらい。明日は丘の向こうに見えるプラハ城まで
足を延ばします。
© 山あり谷あり スイス日記. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。