時間のゆっくり流れるスイス、レマン湖のほとりから日々の生活を綴ります。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
ワールドカップ2010
World cup group
ワールドカップのグループ抽選が終わってかなりたちますが最近の新聞に
↑こんな記事が載っていました。訳してみると

「サッカー。2010年のワールドカップのために日本代表チームは
ヴァレー州の高地で調整します。サースフェでの滞在は5月25日から
6月6日。南アフリカでの対戦相手はオランダ、カメルーン、そして
デンマークです。」

私たち夫婦にとってすごく偶然が重なりすぎていて信じられない
グループです。まずマー坊の母国オランダ、そして彼の親友Nのデンマーク、
そしてNの奥さんのカメルーンの組み合わせなのです。果たしてどの国を
応援していいのか。。。

キャンプ地のサースフェはいつも行くシャンプッサンから1時間強くらい
なので青のタオル巻いて応援に行くつもりです。スイスから日本代表を
送り出せるなんてなんていう幸運。待ちきれないです。
スポンサーサイト
page top
今年の夏も
Plant 09 2
今年も家庭菜園の夏がやってきました。家の小さなベランダでも
結構いろんな物が作れるんですよ。毎年のようにまずはトマト。
Plant 09 3
そしてトウガラシ。プランターでも十分育ちますしたくさん実を
つけてくれます。
Plant 09
今年は新顔の枝豆も植えられています。これが今夏の目玉でしょうか。
スイスのDIYショップで偶然種を見つけてうれしくて仲間入りに決定。
朝から午後3時ごろまで太陽が降り注いでぐんぐん育っています。
このほかにもネギと大葉が参加する予定です。



page top
シンプル+αネイル
Nail with stones
昨日ネイルを新しくしてきました。→Chez Coco
いつもはマー坊母にスワロフスキーとかのデコレーションは
上品でないから止めたほうがいいと言われているものの
やってしまいました。でもシンプルなフレンチに右手の薬指
だけの飾りだから平気かな。。

少し冒険をしてみたのも来週末にホテル学校の時の
親友が香港から来るからです。2人でプラハへ旅行する予定。
初めての東欧、楽しみです。結婚式以来の再会に来週は
仕事どころでなさそう。
page top
素敵な場所発見
Orchidarium.jpg
最近今まで知らなかった素敵な場所をニオンのお隣の街、
Prangins(プランジャン)発見しました。何だか分かりますか。
orchidarium 3
蘭の栽培&即売センターです。約1000平方メートルの温室で
専門家によって厳選された世界中の蘭が大切に育てられています。
orchidarium 2
私は今まで聞いた事もなかったのですが義理両親の新居
完成祝いのお祝いを探すために花屋をインターネットで
検索していて偶然行き当たったのです。
orchidarium 6
ジュネーブから車で約30分。プレゼントに悩んだり蘭を自宅用に
買いたくても素敵なものが見つからなかったりしたら是非訪れてみて
ください。
Orchidarium 7
Orchidarium←フランス語ですがウェブサイトもあります。お店の人たちも
とても丁寧にアドバイスをくれるので安心です。

ここでひとつ。一昨年親が遊びに来たときに家の蘭を根元から
ばっさり切ったのを覚えているでしょうか。全然育たなくてあれは
間違いだったと父を責めていたのですが実はそれが正解らしいです。
花が終わった後は枝を切るのが普通で次の年に背を低く育てたかったら
根元から、高くしたければ途中で切ってください。私たちの枝が
なかなか育たなかったのは肥料をあげなかったから。定期的に肥料を
混ぜた水を与えましょう。

ということで、疑ってごめんねお父さん。次に来るときには新しい
花が育っている事でしょう。
orchidarium 8
私たちが選んだのは↑この蘭のセットです。天井が高く開放感
たっぷりの新居にぴったりです。我ながら良いチョイスだと感心。
orchidarium 5
そして新居からの眺め。前の家よりさらに標高が高いのでふもとを
見下ろす眺めが圧巻です。レマン湖の向こうにはモンブラン。
毎日この景色を見ながら朝食を食べられるなんてうらやましい。。
page top
可愛い再会
Tulip red
日本には遅れをとるものの我が家のベランダにも春が訪れ
ました。まだ他の色も植えてあるので長い春を楽しめそうです。
Cat Champs
イースター休暇の今週末は山に遊びに来ています。到着した
私たちを迎えてくれたのがこのニャンコ。覚えている人は
いますか。昨年10月に散策に出かけたときにお供をして
くれた猫です。家の中に入りたくて仕方なくてジーっと見つめる
おにぎり顔が可愛い。
Cat Champs 3
あまりにずーっと眺められるので外に出て遊んであげる事に。
このくびれのない首も可愛い。デブ猫が好きな人には
たまらないはず。
Cat Champs 4
この縞々の尻尾も可愛い。でもマー坊とマー坊母が猫アレルギー
だからあまりかまってあげられないのです。この後も何度も
家の中に入ろうと試みるニャンコさん。また会えることを願って
心を鬼にしてバイバイしました。
Nail marble
そして最後に新しいネイル。2度目の今回はミルクティー色と
白のマーブルフレンチにしました。写真では色を出すのが
難しいですがいいなと思った方はこちらへ→友達のネイルサイト
page top
散歩の季節
Dog bag
スイスでもずいぶん暖かくなってきて木々は芽吹き外に出るのが
つらくない季節になってきました。公園を散歩しているとよく見かける
のが↑これ。日本にもあるでしょうか。ゴミ箱の脇に「Bravo」と書かれた
ワンちゃんの落し物用のビニール袋です。馬の大きな落し物はよく
見かけるスイスですが(それもどんなものか。。)ワンちゃんのはよく
管理されています。ま、動物を飼う上で最低限のマナーですが。

そして話は変わりますが日本に住む皆さん、スイスでは一昨日から
サマータイムが始まりました。時差が7時間になりましたのでお気を
つけを。なので午後8時の現在でもまだ空は明るいです。
このサマータイム、日本でも戦後4年間だけ実施されていたのを
ご存知ですか。私は初耳でした。

そして今実施されているのは↓の水色の地域になります。
オレンジ色は以前行われていたけど現在は廃止された地域、赤は
今まで行われたことのない地域になります。同じ国でも州によって
やっていなかったり、地域によっては30分だけ早めたりかなり
複雑な制度ですね。日本でもまた導入しようという運動がなされている
みたいなのでもしかしたらヨーロッパのように夏の日の入りが夜10時
過ぎになるのもありえるかも知れないですね。
DaylightSaving-World-Subdivisions.png

page top
ジュネーブ近郊の方にお知らせ
Nails.jpg
ニオン在住の日本人のお友達がネイルの自宅、もしくは出張
サービスを始めました。ネイルといっても彼女がやっているのは
カルジェルという溶液でもおとせる爪に負担の少ないものです。

私がやってもらったのは写真では色味がよく出ないのですが
クリアジェルとサーモンピンクのフレンチネイルです。つやつやな
感じと春らしい美味しそうな色で気分がうきうきします。これで
約1ヶ月もつそうです。

彼女の自宅の1部屋をネイル用に改造して広々としたくつろげる
空間の中で日本語でお話を楽しみながらどんどん爪が綺麗に
なっていくのを楽しめます。彼女は英語もフランス語もできるので
お客さんは日本人には限らないそうです。フランス語でネイルを
やってもらうのは気が引ける方やジェルは爪が痛むからと
敬遠していた方も是非試してみてください。

彼女のネイルブログのリンクを↓貼っておきます。
カルジェルネイル
今までの作品の写真がたくさんあります。質問やリクエストがあれば
直接ブログから連絡できるようになっています。
page top
多忙な新年
夕焼け
今週は月曜日に日本人のお友達と紅白の鑑賞会を
して大笑いしたりローザンヌまでマー坊の親友Nと
その家族に会いに行ったり。どれも写真が無くてつまら
ないですがご勘弁を。

今年は現在分かっているだけでも色んな行事があって
忙しくなりそうです。Nのカメルーンでの結婚式(奥さんの
出身地)、ホテル学校時代の親友の訪スイス(この時に
一緒にパリに行く予定も)、マー坊のお兄さんのオランダでの
結婚式、そして最大行事である第3番目の甥か姪の誕生、
あとはマー坊一家でのバカンス。お義父さんが10日程の
家族旅行を計画してくれているのです。
姉の出産に合わせてマー坊と日本に帰国もする予定だし
どんな一年になるのか楽しみです。

今年は去年まで働いたホテルとは別に新しい仕事を
始めるのでそれにも力を入れてオンオフ両方充実できたら
いいな。ブログも充実できるか。。がんばります。
page top
遅れましたが
Xmas 08
クリスマス気分なんてもうとっくに過ぎ去って
いると思いますが一応メリークリスマス!
マー坊が今日から休暇なので年越しを家族と
過ごすために山の別荘にお邪魔しています。
↑今年のクリスマスツリーはハートのオブジェが
たくさん飾ってあってとっても可愛いです。

今度はお山から年越しの様子でも更新します。
皆さん年末気を抜いて風邪をひかないように。
Happy holidays!
page top
ジュネーブのエスカラード
P1030831.jpg
昨日はジュネーブの最大級のお祭り、Escaladeに行って
きました。何のお祭りか簡単に説明すると1602年に
近隣のフランス領サヴォアから攻めてきた軍隊をジュネーブ
市民で撃退したのを祝うものです。
P1030844.jpg
旧市街にあった囲いの壁をつたって登ってきた敵兵を
発見したおばさんがちょうど大鍋で作っていた熱々の
スープをぶちまけて危機から逃れたのにちなんで
ジュネーブではこの時期、鍋型のチョコレートが店先に
並びます。
P1030845.jpg
数日続いたお祭りの最終日にはパレードで盛り上がります。
今年は市民800人が参列したそうです。
P1030846.jpg
中世の衣装を着て旧市街の細い石畳の路地を練り歩く
様子を見ているとなんだかタイムスリップしたような
感覚におそわれます。少し暗くて見にくいですが写真は
クリックすると拡大されます。
P1030854.jpg
2時間ほどパレードのゴールはサンピエール大聖堂の
前広場で行列が到着する少し前からコンサートが始まり
ます。そして広場が埋め尽くされたら↓焚き火が点火
されます。
P1030878.jpg
そしてこの焚き火を囲んで市民でエスカラードの歌を
歌ってお祝いムードが頂点になるわけです。

ここまでの行程約3時間。この日はとても冷え込んでいて
0度前後のなかでほとんど動かないでパレードを眺めていた
私達。ホットワインにかなり救われましたが足先の感覚は
なくなり体の芯から凍えてしまいました。来年は足元
ホッカイロを装備して完全防備で参加しようかな。
© 山あり谷あり スイス日記. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。