時間のゆっくり流れるスイス、レマン湖のほとりから日々の生活を綴ります。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
初!パラグライダー
IMG_1339.jpg
さて、前回更新したディナーパーティーの翌日は少し怖いながらも
待ち望んでいたパラグライダーです。前日の悪天候のために今回は
Goサインが出ないかもしれなかったのですが午後になってようやく
インストラクターから確認の電話がありました。ここでようやくマー坊に
ネタばらし。私だったら怖い怖い!って騒ぎそうだけど彼はなんだか
普通~。。。でした。
IMG_1340.jpg
5人のトップバッター↑これはAちゃん。皆ここに来るまでは少し怖がって
いたのだけれどいざ器具を付け始めると不思議と早く飛びたいという思いの
ほうが強くなったと言っていました。こんな景色見たら誰でもそうなるのかな。
P1040866.jpg
そしてインストラクターの2人が戻ってきて次は私とKちゃんの番です。
顔は隠してあるけど実はちょっと緊張の面持ち。。離陸はスムーズに行き
あっという間に空中に浮いてました。
IMG_1360.jpg
普段は車から見ている景色を空中から眺めて感激でした。
なんだかいつもより色のコントラストが濃かったように思えたのは
幻覚でしょうか。
P1040338.jpg
針葉樹林や家畜の牛や羊の上空を通り過ぎて15分の鳥体験はあっと
言う間だったけどスイスの自然の素晴らしさを再発見しました。
IMG_1367.jpg
そして主役のマー坊の番にはトリにふさわしく、見てるこっちが怖くなるような
急降下や急回転などの色んな技をインストラクターが見せてくれました。
IMG_1369.jpg
真っ青になって着陸するんじゃないかと心配だったけど本人はこの通り。
免許を取る講習に通いたいなんて言うほど気に入ってくれたみたいです。

という事でサプライズパーティーは大成功!またスイスでいい思い出が
出来ました。
スポンサーサイト
page top
湖沿いで
BBQ Chambesy
一昨日スイスに来て初めて湖沿いの公園でBBQをしました。
雷がなる予報だったものの何とか天気はもって日本人の女性
5人とその旦那さん(国籍色々)の計10人で青空BBQを楽しみました。
↑上はバトミントンをやりに行くマー坊。BBQは本格的な物をKちゃんが
持ってきてくれました。ありがとう。
BBQ Chambesy 2
場所はChambésyといってジュネーブ市内から10分ほどローザンヌ
方面に進んだところです。午後になったら人が集まって来ましたが
比較的静かな公園で眺めも良いしお勧めです。ひとつだけ難点は
虫が多いところかな。木陰に集まるみたいでこれには悩まされました。
今年の夏はBBQにはまりそうです。
page top
結婚2周年!
Tulip fest 5
この度めでたく結婚2周年記念日をむかえました。去年の
イタリア旅行のようにどこかに行きたかったのですが今年は
近場で静かーにお祝いしました。
Tulip fest 6
ジュネーブから車で40分ほどの街モルジュでは毎年
チューリップ祭りが行われています。(←観光局のリンクあり)
約10万本の色とりどりなチューリップが植えられているそうです。
Tulip fest
レマン湖沿いの公園なので鴨も何羽か見かけました。これは
パパラッチマー坊と追いかけられて大迷惑な鴨ちゃん。
Tulip fest 2
今年は5月10日までの開催ですがスイス在住の方々は今が
見ごろですよ。花が散ってしまう前に急いで見に行ってください。
Tulip fest 3
結婚記念日当日はこんなにカラフルなチューリップに心を
癒され、その後に別の公園に移動してピクニックをしました。
Tulip fest 4
綺麗なものを見て美味しいものを食べながら改めて反省や
希望を語り合う、そんな何気ない記念日もいいですよね。
でも来年はぜひ旅行をしたい。
page top
またまたスキー
Champ Mars
今年の冬はお休みがあるごとにお山に来てスキーばかり
しています。かわりばえがなくてすみません。
↑は2週間前の夕暮れのようす。
Champ Mars 2
そして↑これが2日前のようす。たまに我に返ってみると
ものすごい景色だなとつくづく思う事があります。いつも
当然のように目の前にあるので深く考える事はあまり
ありませんが自然のものにはどんな芸術もかなわない
美しさがありますよね。

写真で分かるとおりまた雪が降り積もりました。3月に
入ったのにまだスキーのコンディションは上々です。
Champ Mars 3
そしてこの雄大な自然のなか日干しを楽しむマー坊。
冬の間中待ちわびたお日様にあたってお昼寝をしています。
どうしてこうもヨーロッパ人は日焼けが好きなのか。。
page top
国境越え
Champ ski 4
遅くなりましたがあけましておめでとうございます。今年も
皆様よろしくお願いします。

暮れに続き同じような内容で悪いのですがまたスキーに
行ってきました。今年の冬はマー坊の休みのたびに
山ごもりになりそうなのでご勘弁を。
Champ ski
今回は雲ひとつ無い天気だったので私には初めてのフランス領
のAvoriazまで遠出をしました。初めての経験だったにしては
パスポートコントロールなどもやはりあるわけなくあっけない
国境越えでした。

私たちの行くPortes du soleilは↑の写真で見える山々の
何倍もある広いスキー場です。スイス領だけでも十分楽しめ
ますが天気や気分によってフランスまで行ってもいいですし
ジュネーブから約1時間半ほどで着くのでおススメの場所です。
Champ ski 3
そしてここから2枚はスイスのCrosetsにあるヨーロッパで
最も長く急なモーグルスロープのひとつのThe Swiss Wall
です。すぐ脇にリフトがあるのでどれだけ急なのか試しに
乗ってみました。
Champ ski 2
これ、写真で伝わるでしょうか。私には一生かかっても
とうてい無理でしょう。。チャレンジしてみたい方いらっしゃい
ますか。
page top
今年初スキー
Ski.jpg
昨日から毎日まじめにスキーにいそしんでいます。
別荘で本を読んだり編み物をしたりしがちな私ですが
今年はマー坊の両親に尻を押されて5日間のスキー
特訓になりそうです。

昨日から見てのような晴天なので初心者の私でも
景色を楽しみながら滑る余裕があって気分爽快です。
↑私の背後のふもとに見えるのがスタート地点の
Champoussinです。

スイスのスキー場は広いしすいているので老若男女の
万人向けです。これでレストランにラーメンがあれば
最高なんだけどな。
page top
運動不足解消
Cat walk
昨日更新したN君の式の前にはまた山に遊びに行って
ました。山荘のあるシャンプッサン(Champoussin)は
見ての通り深い霧に包まれていたので太陽を探しに
散歩にでてみました。そしたら玄関先でばったりと出会った
この子。とても懐っこい子でなんと山道を1キロくらいお供して
くれました。
Cat walk2
少し遅れたら私たちの足の間をビューンとくぐりぬけて
数メートル先で↑こうやってお座りして待っててくれて
います。でもさすがに猫なので最後は気まぐれに
いなくなってしまいました。
Cat walk3
20分くらい登ってきたら大分霧が晴れてきてお日様まで
あと少しで手が届きそうです。
Cat walk4
あきらめずに登り続けているとやっと霧の全くないところに
出ました。歩いてきて暑い上に太陽の熱でTシャツでも
いいくらいでした。
Cat walk5
こんなにさわやかな晴天。澄み渡った空を見ていると
気持ちまでさわやかになります。
Cat walk6
この後下界に戻るのがなんといやだったことか。。

明日から日曜日までアムステルダムへ約一年ぶりに
行ってきます。マー坊の親族やホテル学校のクラス
メートに卒業以来に会ったりと楽しみな旅行です。が、
最低0度の天気予報なので少し憂鬱。
page top
パレオ 野外コンサート
P1030139.jpg
この間毎年7月末にニオンで行われる野外コンサートの
パレオに行ってきました。海外の大物アーティストが
出演するので小さな町のニオンにしてはやるなと思って
いたら実はヨーロッパの野外コンサートで第2番目の
規模らしいです。

ロック、レゲエ、クラシックなど幅広いジャンルの音楽が
草原の上に建てられた6つのステージで楽しめるのです。
疲れたら芝生に寝転がるもよし世界中の食べ物が
あるんじゃないかっていうほど種類豊富な屋台を
のぞくもよし。何より外の気持ちいい風を感じながら
聴く音楽がたとえ自分の好みのものでなくても心地よく
感じてしまいます。
P1030126.jpg
会場に歩いて向かう途中にマー坊がこんなものを
見つけました。天使の輪から光がさしてるみたいでしょ。

今年出演の目玉アーティストはJustice, Mika, 
ヴァネッサパラディ, Yael Naim, R.E.M.といった
ところでしょうか。Yael NaimはMacの薄型パソコンの
CMで起用されていた歌でスイスでも大人気で会場は
超満員でした。↓それでも分からない方に。
http://www.youtube.com/watch?v=-YUxbDEPFiM&feature=related
P1030150.jpg
最終日は花火がありました。この1週間で出演した
アーティスト達の代表曲が次々と流れて観客の
盛り上がりはマックスに。
P1030153.jpg
そして10分ほど休憩をはさんで大トリのR.E.M.の登場
でした。有名な曲はあまりないけどさすがに貫禄が
あってライブの上手さはぴかいちでした。↓パレオの
物ではないけどコンサートの様子です。これを草原で
観てると想像してください。では。
http://www.youtube.com/watch?v=L_XFMCgeI7c&feature=related
page top
ローザンヌで日本を感じた日
Bejart.jpg
先週になりますがマー坊のお義母さんに誘われて
東京バレエのローザンヌ公演を見てきました。これは
昨年11月に亡くなったモーリス・ベジャールを偲んで
故人が東京バレエ団のために振り付けをした作品を
披露するヨーロッパ遠征の一部でした。

日本に住んでいた時はパリオペラ座やアメリカンバレエ等の
有名バレエ団がよく来日していたので本当によく舞台に足を
運んでいました。でもスイスには大きなバレエ団が来ることは
全くなく舞台独特の躍動感や感動に飢えているところでした。

ローザンヌ公演でやったのは舞楽、バクチ、カブキの3演目
でした。ずっと見てみたかったカブキでは忠臣蔵の物語を
もとに色鮮やかな着物やダンサー達の凛とした迫力など
ヨーロッパには無い日本の独自性が出ていて良かったと
思います。でも切腹のシーンでは会場から少し笑い声が
上がっていて日本とヨーロッパでの観点の違いを改めて
感じました。それでも単純に音楽や踊りや衣装を見る
だけでも楽しめる舞台でした。

それにしてもフランス人でありながらこんなに深く和の美を
理解した上で振り付けをしたベジャールはすごい。

page top
念願アリシア・キースコンサート
Photo-0072.jpg
じゃーん、とうとう行ってきました。数年前から絶対に生で見てみた
かったアリシア・キースのコンサートを見るためにはるばるチューリッヒ
まで車で乗り込んできました。写真では分かりづらいですがステージの
真ん中にグランドピアノが出てきたり引っ込んだりして彼女の見所の
弾き語りを存分に楽しめました。声量もリズム感もすごくてやっぱり
一流のアーティストのステージを見るとバレエでもサーカスでもそうですが
エネルギーをもらって帰ってきました。
Alicia Keys
この日は早めに行ってチューリッヒの市内を散策しました。
この教会は昨年の夏に友人のMちゃんがスイスに来たときに
連れて行ってもらったシャガールのステンドグラスのある教会です。
茶色い屋根の下の3枚の窓がステンドグラスでマー坊と三人で
眺めたのを思い出しました。
Alicia Keys 2
コンサートの日は一泊して次の日にジュネーブに帰る途中ベルンで
昼食をとりました。中心地のすぐ脇を流れるアーレ川沿いの静かーな
カフェで日に当たりながらのんびり楽しんだ後は市内のアーケードの
お店並びをウィンドウショッピング。時間を気にせずに当ても無く
ぶらぶらするだけでいつものストレスが吹っ飛んでいくような気がします。
Alicia Keys 3
そしてこれは先週末のジュネーブ。私達のアパートからの
景色です。ひとつ上の写真(チューリッヒ)から一週間ほどで
こんなに気候が変わるなんて。スイス在住の皆さんは身体に
気をつけて。私達の行くスキー場も後一週間ほどで営業を
終わるらしいですが経営者はさぞ勿体無さがっているだろうな。
© 山あり谷あり スイス日記. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。