時間のゆっくり流れるスイス、レマン湖のほとりから日々の生活を綴ります。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
ジュネーブへ引越し
20070326195912.jpg
↑アムステルダム在住時に見たカピバラ。かわいいでしょ。

写真とは全く関係ありませんが、本日ジュネーブに引越しをしました。
数年前に借りていたアパートで、知り合いに又貸ししていたところに
戻っただけなので家具はほとんど揃っているので楽な引越しでした。
コルナバン駅からバスで15分程の場所に位置していて近くにスーパー、
薬局、レストラン、パン屋さんなどがあって立地はとても良いです。

地域の名前はMeyrinと言ってフランスとの国境のすぐ隣になります。
日本では考えられない事ですが、国境越えの際にパスポートをチェック
されたことは1度もありません。一応建物はありますが無人の事も
しばしば。日本で言うと県境くらいの重みなのでしょうか。食料品、
特に肉類や乳製品がスイスより安いからと言ってフランスまで買いに
行く人も大勢います。逆に給料が良いからスイスで職を持つフランス人
もたくさんいます。賢い選択ですよね。

ところで新しいアパートにはまだインターネットの接続がされて
いないので数日間更新出来ません。次の機会にはアパートの写真を
アップできると思います。


スポンサーサイト
page top
日枝神社
20070324152020.jpg
↑日枝神社の拝殿
天気も悪く出掛ける気もしないので今日は結婚式場に
選んだ日枝神社を紹介します。ここは昔から初詣に家族と
出向いていた神社で由緒のある所なので迷うことなく
会場に決定しました。

歴史は1475年までさかのぼり江戸の守護神として
崇拝されたのが始まりです。江戸に移された徳川家康も
城内鎮守の社として崇められました。途中2度の大火に遭い
ますが改造、修復などを経て今日に至ります。

神前式では例に漏れずマー坊も袴を着用します。初めての
経験なのでどうなるか楽しみです。そして一番心配なのは
誓詞奏上。これは全て日本語で新郎がやらなければ
いけないのでマー坊がどれだけ上手に読めるか、
もしくはどれだけ下手に読めるか期待されます。参列する
予定の皆さんは吹き出さないように覚悟して来て下さいね。
page top
切り絵
Schilliger.jpg
↑かわいらしいイースター用のテーブルデコレーション
スイスではイースターに備えてどこのお店も色付けされた卵やうさぎの
チョコレートが売られています。雑貨や園芸道具などを売る大型店の
Schilligerも例外ではありません。お皿の上にひよこが乗ってるの
分かりますか。このお店はセンスの良いガーデニング雑貨や色とりどりの
ろうそくやリネン等が置いてあって何時間居ても飽きません。
マリア一家さんが来られたらきっと喜ぶことでしょう。
20070322182722.jpg
その後Chateau de Pranginsに切り絵展を見に行きました。このお城は
1730年に建築されて今では国立美術館として使用されています。
手前のお庭には18、19世紀の野菜、果物、ハーブが植えられていて
夏になればガイドの説明付きで見学をすることが出来ます。
20070322182707.jpg
切り絵アートの始まりは中国だそうです。今回の展示会は
スイスのアーティストのみの参加なのでスイスらしく山の風景や
牛をモチーフにした伝統的な切り絵が多いです。それでも色付きの物や
斬新なデザインの物までありとても楽しめる内容です。
20070322182744.jpg
こんなに細かい作品を完成させるのにどれ程の時間と忍耐力がいるの
でしょう。ぜひ次回はデモンストレーションを見てみたいものです。

page top
席札&贈り物
20070321155524.jpg
↑これは披露宴の席札です。知人からカリグラフィーの本を借りて
手書きしましたが、どうでしょう。1人だけ名前見えてますね。すみません。。。

今年に入ってから作った招待状を始めに、着々と結婚準備をしています。
習慣の違うオランダ人との結婚なので色々と両方に良いように事を
進めていくのは至難の業です。日本では上座下座を重要視したり、
ご夫婦は同じテーブルに配置したりしますよね。マー坊の家族は逆に
色んな人と話したいから家族はばらばらで他の招待客と混ぜてくれと
リクエストが。そんな感じで2つの文化の違いが準備の過程で発見できて
とても勉強になります。

その他にもマー坊の家族は分刻みに書かれた披露宴のスケジュールを
見て「ワ~ォすごいなこれ。日本の電車みたいに正確だな」とかなり
驚いていました。こっちはもっと自由ですから。披露宴前のアペリティフの
時もオランダでは招待状が無くて自由参加らしいです。
20070321155422.jpg
↑マリッジプレゼントのカタログの1例。
今日はマリッジリストの修正をマー坊のお母さんとしてきました。
スイスやオランダでは結婚を控えたカップルは百貨店や
テーブルウェアーのお店等で新居に欲しい物のリストを作ります。
プレゼントをしたい人はその両親にその旨を伝えてリストを送って
もらい、その中から自分の予算に合わせてプレゼントを選びます。
今の時代にはインターネット上にリストを載せるサービスを
する所もあります。本当に欲しい物だけ送られてくる訳ですから
合理的ですよね。
page top
出戻り寒波
20070319101633.jpg
日本に遅れてスイスにも寒波が戻って来ました。先週まで半袖でも
出歩ける程だったのに今はスキー場にいるんじゃないかって位雪が降ってます。
20070319101615.jpg
雪が降ってこそスイスの冬の風情が出るので大歓迎です。
どんどん降って積もらないかな。
20070319124403.jpg
今日は先月末に注文した新車がやっと届きました。前まで住んでいた
アムステルダムでは自転車でほとんど何処でも行けたのですが、
スイスでは車は必需品。日本ではオートマが主流ですがここでは
マニュアル。オートマは高い上にストックが無いとかなり待たされる事も。
20070319124253.jpg
マニュアル免許を持たない私のために新車はオートマです。
皆さんスイスに来たらSwiftで案内ガイドしますよ。
page top
ジュネーブオートサロン
PICT0059.jpg
↑ランボルギーニ
今年で77回目になるジュネーブオートサロンの最終日に行ってきました。
いくつもの車メーカーが新車を発表する重要なカーショウです。
PICT0057.jpg
↑アウディR8 マー坊のお気に入り。
内部が見られる様に半分だけボディが切り取られています。
車好きにはたまらないでしょうね。
PICT0064.jpg
東京ドームの2倍強ほどのスペースに車が並べられものすごい熱気。
普段ならあまり近くで見る機会のない超高級車もあり目の保養になります。
PICT0060.jpg
↑スパイカー C12 Zagato このオートサロンで発表された新モデル
オランダが誇るデザイン、クラフトマンシップにこだわったスーパーカー。
今年からフェラーリのエンジンを使用してF1にも参戦しています。
スーパーアグリと共に私が注目しているチームです。
page top
新しいお友達
Church.jpg
これはマー坊の実家のある村、Givrinsの教会。建てられたのは
1964年で三角屋根が独特です。

最近はもっぱら4月に控える結婚に向けて準備に勤しんでいる私達。
国際結婚の上、住む場所が2人の国籍を持つ国ではないのでなかなか
書類等も複雑になります。また機会があれば詳しく話そうと思います。

今日もそんな中、最近知り合ったエクアドール人の方に誘われて
お茶に出掛けてきました。お義母さんの提案で週1回通っている
エクササイズのクラスで一緒の方です。驚いたことに彼女は日本語が
ペラペラ。日本語を使う機会が欲しくて私に声をかけてくれました。

海外に住んでいると以前より新しい出会いを大切にしなければと感じます。
積極的に自分からコネクションの幅を広げなければ家族も友人も
いない国で1人取り残されてしまいます。知り合いの方なら知っていると
思いますが、私は結構な人見知りです。日々殻を破る努力の連続です。
page top
動物保護シェルター
PICT0049.jpg
以前から気になっていたSPAに行って来ました。
飼い主の事情で捨てられた動物や迷子のペットを新しい家族が
見つかるまで保護する施設です。
PICT0041.jpg
寂しそうな動物を見るのは嫌だなと思いながらも学習のために
見学です。中に入ると広い囲いに2匹ずつサイズ別に犬が分けられています。
PICT0050.jpg
この写真の様に屋根が無いスペースに犬小屋が2つ置かれていて
大型犬でも十分に走り回る余裕があります。
PICT0047.jpg
見学後に職員の方に話を聞くと、今は保護犬はいないそうです。
一瞬ほっとしたものの、保護犬が1匹もいないのは珍しい事で
次から次に犬、特に大型犬が持ち込まれるのは悲しい事に何処も
同じみたいです。

今日見た犬は全て一時預かり、いわゆるペットホテルに滞在していて
お迎えを待つ子達。SPAの資金集めのためにしているサービスです。

犬を飼うのは百パーセント責任を負う自信が出来てからだなと
思った一日でした。
page top
ご近所さん
20070314184537.jpg
日本は真冬の様な寒さらしいですね。スイスはこの通り小春日和です。
この牛達ははマー坊の家の隣近所の子達で、人懐っこく寄って来ます。
家の隣が牧場だなんて田舎でびっくり!?
20070314184605.jpg
これは種類の分からない牛。知ってる方いますか?
モップ犬みたいで愛嬌があるでしょ。
20070314184640.jpg
今の時期は今年生まれた子牛がいっぱい。好奇心旺盛で犬や子供が
通りかかるとぴょんぴょん跳ねて大喜びしています。
20070314184624.jpg
随分前のことですが、夜寝ていたら玄関先で不審な物音が。
恐る恐るのぞいてみたら家出してきた牛の軍団が庭に入り込んで
遊んでました!次の朝に庭がひどいことになっていたのは
言うまでもないですよね。
page top
スイスに移住する人たち
知らない方のために始めに言っておきますが、私の彼は生まれも
育ちもスイスのオランダ人です。その彼が私の家族から付けられた
あだ名がマー坊。。初めて来日した頃に流行っていたスマスマの
キャラクターが由来とは知らず本人も喜んでそう呼ばれてます。

それはともかく今日はマー坊の実家の近くにある建物を紹介。
最近出来たひときわ目を引くこの建物。
20070313141904.jpg

大規模な乗馬施設なのですが、これが公共ではなくて全くの個人の所有物!
持ち主はF1を去年引退したシューマッハの<奥様>。スイスでは乗馬が
趣味の人が多く、一般道でもよく散歩している人を見かけますが
ここまで大きい個人の馬小屋にはさすがにびっくり。

実はスイスには著名人がたくさん移住してきます。大半の理由が
税金の待遇の良さ。所得が多い人達にはとても魅力的なのです。
最近ではYou're Beautifulで有名なジェームス・ブラントがスキーリゾートに
移住してきて話題になりました。自然が豊富で環境が良いところも
魅力なのでしょうが。
page top
What an experience!
20070312225838.jpg
さて、今日はどこに行ったでしょう。私もこんな体験をするとは
出掛けるまで思いもしなかった。。
20070312225851.jpg
私の彼、マー坊には2人お兄さんがいます。午後3時頃2番目の
お兄さんに連れられてローザンヌでもう一人のお兄さんと
お義母さんと小さな空港で待ち合わせ。
20070312225920.jpg
そうです、セスナに乗ってきました。正確に言うとロビンと呼ばれる
小型飛行機を1時間レンタルしてレマン湖上空を飛行。天気も
眺めも最高でまるで夢の中にいるような心地です。
20070312225905.jpg
マー坊はあいにく仕事で参加できなくて悔しそうだった。
またこんな体験できたらいいな。お兄さんは次は皆でスカイダイビング
でもするかなんて言ってたけど私はちょっと。。。
page top
スイスより
試行錯誤ながらブログを始めることにしました。
私の生活を中心に書いていくので
たまに寄ってみて下さい。
更新できないくらい忙しくなったらうれしいけど。
20070311174504.jpg

スイスはどの季節も綺麗だけどやっぱり春かな。
庭にはクロッカスが少しずつ咲き始めました。
ジュネーブから20分ほど走った所にも
こんな自然がたくさんあってとても住み易い所です。
© 山あり谷あり スイス日記. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。