時間のゆっくり流れるスイス、レマン湖のほとりから日々の生活を綴ります。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
神前式
20070423032821.jpg
とうとうこの日がやって来ました。半年前から準備を始めて待ちに待った
結婚式の日です。先週はあまり天気がすぐれない中、運良く21日は
気持ち良い風のふく最高のお天気。これは誰に感謝してよいのでしょう。
おそらく人生の中で一番記憶に残るであろう日の始まりです。

準備が出来て中庭に出てみるとお馴染みの顔や懐かしい顔がいっぱいで
打掛とかつらの重みと苦しさなんてどこかに行ってしまいました。
巫女さんに連れられて本殿に入ると神聖な雰囲気の中
祝福の優しい空気が流れていました。

心配していたマー坊の誓詞はとても上手に読めて頼もしかったです。
後で聞くとその頃から緊張し始めて三々九度の杯の時には手が震えて
しまっていたそう。3度で飲み干すところを1度で一気に飲み干して
何食わぬ顔をして場を和ませてくれました。

式の内容や1人1人の顔は全て忘れないように心に焼き付け
ました。続きは次の機会に書こうと思います。それでは。


スポンサーサイト
© 山あり谷あり スイス日記. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。