時間のゆっくり流れるスイス、レマン湖のほとりから日々の生活を綴ります。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
結婚披露パーティーInスイス
P1010802.jpg
↑スイスの国旗がついたTシャツを着て好評だった
1歳半の甥っ子。
P1010810.jpg
↑パーティーの前にプールで泳ぐ6歳の甥っ子。

空港に着いた時も近寄る私はほとんど無視で大好きなマー坊しか
目に入っていなくて叔母としてはがっかり。それでもこうやって
外国人と若い時から交流していると視野は確実に広がるはず。
パーティーの最中も物怖じせずに色んな人と遊んでいて子供の
適応能力はすごいと感じました。帰国後も驚いたことにマー坊と
話がしたいからと自分から英語を習うと言い出したそう。私の海外
生活が少しでも良い影響を与えているようでうれしい限りです。
P1010818.jpg
さて本題のパーティーですがマー坊の実家で行われました。
日本人組は甚平&浴衣で出席。親戚やよく知った知人だけを
呼んでのカジュアルなアペリティフとBBQパーティーになりました。
Party.jpg
言葉が通じなくて苦戦するもののジェスチャーを使って話したり
折り紙で交流をとったりと終始和やかな雰囲気でした。夜になると
フランス独立記念日の花火がレマン湖の対岸あちこちであがり
お祝いムードに花を添えてくれました。

スポンサーサイト
page top
家族の訪スイス
P1010639.jpg
スイスでの結婚披露パーティーに出席するために日本から
家族が7月11日に到着しました。飛行機に乗ったことのない
甥っ子2人が心配でしたが案外けろっとしていて逆に大人の
方が疲れきっているようでした。

その日はホテルがどこも満室で仕方がなく到着したその足で
マー坊の実家の別荘がある山まで直行することに。1時間半の
ドライブです。長旅の疲れを癒すために2泊してのんびりハイジの
世界を楽しみました。
P1010665.jpg
2日目は皆時差ぼけで日の出がおがめるほど早起きでした。
私が8時頃に起きるともうすでに近所の牛やヤギに挨拶を
すませて全開モード。

↑この日はアスレチックに挑戦。滑車で木々の間を滑ったり
綱渡りをしたり体力勝負でした。大人用のものは10mくらいの
所もあり足が思わずすくんでしまうことも。
P1010789.jpg
↑両親とDents du Midi(標高3257m)

こんなに天気でも夜になるとさすがに寒く暖炉を焚いてスイス
定番のチーズフォンデュをしました。久し振りに家族で食卓を
囲むことが出来てうれしかったです。


page top
エヴィアンマスターズ
P1010862.jpg
今日は早起きしてお水で有名なエヴィアンにプロゴルフの
トーナメントを見に行きました。初日で平日のために観客は
少なくて世界のトップ女性プレーヤー達を間近でのんびり
観察する事ができました。写真はソレンスタム。
P1010863.jpg
日本人のプレーヤーも3人いてこれは上田桃子ちゃん。マー坊に
名前を教えたらびっくりしてました。分かる人には面白い名前でしょ!?
若くて可愛らしい子達が次々ととボールを真っ直ぐ遠くまで飛ばすので
自分もできるのではなんて錯覚をおこしそうでした。明日レッスンの
予定だから現実に戻されるのでしょうが。。
P1010868.jpg
宮里藍ちゃんも来てて18ホールまわって1オーバーの37位タイで
今日は終了していました。日本人の観客やプレスがたくさんついて
まわっていて藍ちゃん人気をうかがえました。残り3日間もがんばって
ほしいものです。
page top
無事就職
P1010808.jpg
↑写真はマー坊の実家の近所の向日葵畑。

去る6月14日に待望の面接がありました。履歴書を送っても
返事が無かったり断られることに慣れていたのでこれが最後の
チャンスとばかりにアピールしました。結果数日後に良い返事が!
就職先はジュネーブ中心街にある5つ星ホテルです。以前CNNで
放送されたそのホテルグループのトップのインタビューを見て
興味を持っていたので願ってもないオファーでした。

仕事はスパのフロント。8月中旬から数週間の研修があり9月初旬の
始業に向けて一から学ぶことになります。使用言語は主にフランス語
になるので不安もありますがそのこともふまえた上で雇ってくれたGMの
期待に副えるようがんばろうと思っています。また良い報告があることを
願っていて下さい。
page top
Mちゃんとスイス観光(3)
P1010604.jpg
Mちゃんとの旅行もとうとう最終日になりました。チューリッヒに
行くなら是非、とマー坊のお母さんに勧められたシャフハウゼンです。
チューリッヒから車で30分程で到着。ライン川の滝が有名で
高さは無いものの水量と瀑布がすごい迫力です。
P1010617.jpg
水に手が届きそうな程まで近づけるのですがぼーっとしてたら
吸い込まれそうで高い吊り橋を渡る時みたいに冷や汗が
出ました。

Mちゃんとはこの日でお別れでした。短い時間で行った事の無い
所をたくさん回れてとても有意義に過ごせました。夏の雪も
見られたし。Mちゃん、またスイスに遊びに来てね。
page top
Mちゃんとスイス観光(2)
P1010547.jpg
旅の後半は私達の大好きなチューリッヒへ。Mちゃんは日本の
ホテル学校の研修でここへ働きに来たのがスイス滞在の始まり。
その後共通の友人の紹介で同じスイスのホテル学校で勉強する
事に。そのMちゃんや学友を訪ねて来たこの町にはたくさんの
思い出が詰まっています。
P1010577.jpg
この日は前日までの天気が嘘のように晴れたので昼食は
ソーセージを屋台で買って白鳥の集まる湖畔でほおばりました。
対岸の景色をのんびり眺めながらこれがスイスの良さだなと
改めて感じました。都会のど真ん中にこうして市民がくつろげる
場所があるなんて贅沢ですよね。物が溢れている日本から来た
私にはスイスが退屈に思えた時期もありましたが最近では
それが逆に魅力に見えたり。歳をとったのかな。
P1010584.jpg
↑朝ラッシュ時の満員電車のような光景。

ところでチューリッヒでの観光はというとMちゃんが研修で
働いていたホテルボーオラック、マーク・シャガールのステンド
グラスをもつフラウミュンスター教会などを回りました。
楽しかった旅も終わりに近づいてきました。続きはまた今度。
page top
Mちゃんとスイス観光(1)
P1010486.jpg
マー坊のコンピューターが壊れて早2ヶ月、久し振りの更新です。
書きたいことがたくさん溜まってしまいました。まずは5月末に
日本から遊びに来たMちゃんとの旅行。Mちゃんとはホテル学校
時代からのお付き合いです。↑ニオンの船着場。
P1010490.jpg
スイスのニオンから船で20分でフランス領のイヴォワーに着きます。
徒歩約30分で一周出来るほど小さな町ですが可愛らしいお店や
レストランがたくさんあってとてもチャーミング。いたる所に飾ってある
お花もきれいで忙しい観光の間に半日リラックスするにはもってこいの
場所です。
P1010509.jpg
イヴォワーの数日後、夏から一気に冬に戻ってしまいました。
マー坊もお休みだったのでMちゃんと3人でスイスドイツ語圏に
車で遠出。これはインタラーケンからルツェルンヘ向かう途中です。
1度まで下がったのには驚きでした。
P1010518.jpg
ルツェルンではさすがに寒かったので有名な観光名所だけ
早足で巡りました。ずっと訪れてみたかったのにあまり
楽しむ余裕はありませんでした。天気が良ければ印象も大分
違ったでしょうが。旅行に天気は欠かせないですね。
P1010524.jpg
フランス革命で亡くなったスイス兵を偲んで自然の岩に彫られた
瀕死のライオン像もとても悲しそうに見えました。
© 山あり谷あり スイス日記. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。