時間のゆっくり流れるスイス、レマン湖のほとりから日々の生活を綴ります。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
ワインの葡萄
P1010940.jpg
昨日は仕事が終わって天気が良かったのでBBQをすると
見込んで急遽マー坊の実家にお邪魔しました。研修でもらった
化粧品のサンプルを義理母に渡すためでもありましたが。。

マー坊の実家のあるジブラン(Givrins)には小さいですがワイン用の
葡萄畑があります。周辺のレマン湖地方のワイン生産は白ワインが
主ですがここの葡萄は紫色でした。ジブラン産のワインは毎年赤、
白、ロゼと3種類あって特に白とロゼは比較的好評です。ラベルには
↑のとんがり帽子の教会の写真が使用されています。
P1010938.jpg
↑大分大きくなっています。詳しくない私にはいつが収穫時期なのかも
分かりません。

スイスのワインは他の産出国に比べて日本で目にすることは
少ないでしょう。というのも国内での消費が多く輸出量が少ないから
です。今年は冬は暖かく夏は不安定な天気が多かったのでどんな
ワインが出来るでしょうか。楽しみでもあり不安でもあります。
スポンサーサイト
page top
マッサージ週間
今日は適当な写真が見つかりませんでした。。
スイスはこの前秋に突入したかと思いきやまた夏が
戻ってきました。とは言え26,7度と日本には全く
比べ物になりませんが。残暑に身体をやられないように
気を付けましょう。

さて今週はマッサージの実技の研修が始まりました。
これはセラピストのためのクラスでフロントの私たちは
ずっとモデルでした。顔と全身のマッサージを何回したか
分からないくらい受けたので顔はつるつる、体は羽のように
軽くなりました。

マッサージは内容さえ知っていれば良いので比較的楽な
一週間でした。ですがまた月曜日からは違う化粧品会社の
研修が入っていてうかうかしていられません。それでも
同僚とも打ち解けてきて変な緊張がないので少しずつ本当の
自分を出していっています。かなりマイペースな私を知って
くれた上で良い関係が築けたらなと思っています。地を
出さないと疲れますからね。


page top
えらいこっちゃ。。
20070819215639.jpg
↑今の私の最愛の親友たち。これが無いと生きていけません!

数日間のホテルでのオリエンテーションを終え先週半ばから
スパで扱う某化粧品メーカーの研修に参加しています。
これが会社の歴史から始まり基礎化粧品に含まれている成分や
使用されているテクノロジーなど日本語で勉強しても難しい内容の
授業が永遠と続きました。明日月曜日からはマッサージの
研修です。フロントなのに何故?と思われた方。セラピストに
なるわけではないですよ。お客様に尋ねられた時のためです。
あわよくば実験台にしてくれないかなんてもくろんでいる私。

さて職場の同僚ですが思っていた通りフランス人が大多数です。
スパでは私を含めて6人いる内4人が仏人でもう1人がイタリア人。
同じ年代の子が多くみんな優しく助けてくれます。みんなの足手
まといにならないように猛勉強はまだまだ続きそうです。
page top
仕事初日
20070813202312.jpg
今日は待ちに待った仕事に行ってきました。久し振りの通勤の
上にフランス語のみの環境に放り込まれた緊張のおかげで
もうくたくたです。↑写真はホテルからもらったトレーナー。
着るかどうかは別として再オープニングスタッフとして働けて
光栄だということを再確認。

今日は主に各部署の説明に始まり、ホテル内の見学、スパの
ブリーフィングがありました。マネージメントはヨーロッパ内で
高級ホテルを数多く抱える勢いのある会社です。そもそも
このグループを知ったのは旅行で訪れたブリュッセルで傘下の
素敵なホテルを偶然通りかかってカタログをもらったのが始まり
でした。ヨーロッパ各地にあるほかのホテルもどれもユニークで
現代的な上に重厚で今から訪れるのが楽しみです。社員料金が
あるようですよ。ムフフ。

当面は莫大な情報を頭に詰め込んでいくめまぐるしい日々が
続きそうですがポジティブに行こうと思います。
page top
ジュネーブ祭り
P1010902.jpg
昨夜は8月2日から続いていたジュネーブ祭りの最大イベントの
花火大会を見に行きました。このお祭りの間はレマン湖沿いの
遊歩道に出店やコンサートステージなどが軒を連ねます。
クラシックな音楽にのせて打ち上げられる花火は一種のショーの
ようでした。さすがに日本の大規模な花火大会には敵いませんが。
心の中で「たまやーかぎやー」なんて思わず口ずさんでました。
P1010910.jpg
そしてようやく明日から仕事開始です。研修がまず1ヵ月ほど。
この仕事を通してどこまで成長していけるのか期待でいっぱいです。
追い追い報告したいと思います。
page top
驚きのオランダ旅行
20070809074129.jpg
連日のさわやかなスイスの風景からはうって変わってオランダに
来ました。5連休の最初の3日間はオランダ北部にあるマー坊の
両親の別荘に泊まってゴルフ三昧。でも2人とも初心者なので
写真はあえて載せません。勘弁してくださいね。
20070809074142.jpg
最後は今年初めまで住んでいたアムステルダムへ。ホテルに
チェックインを済ませさて買い物にでも行こうかとトラムに乗ったところ
いきなりこの風景。鳩が豆鉄砲をくらうとは正にこの事です。
年に一度ゲイパレード(Gay Prideという)が行われているのは
知っていたけどその日にぶつかるとは運の良い私たち。。。
20070809074156.jpg
市内を流れる運河に所狭しと船が出ています。時々着飾ったお兄さんや
お姉さんのボートが通り過ぎて観客も本人たちもとても楽しそう。
マー坊の元職場の上司もいわゆるあっち系の人だったので見て
しまわないかとひやひやしながらの観賞でした。
20070809074207.jpg
↑上の写真のアップ こんな人が街に溢れていました。

さすが自由の国オランダです。普段からオランダ人はオープンだと
感じてましたがこういう負のエネルギーを跳ね飛ばす力が活性の
活力になっているのでしょうか。

page top
マッターホルン
P1010847.jpg
家族旅行の最終日はツェルマット遠出しました。電車で
ジュネーブから4時間の長旅です。それでも車窓からの
眺めは最高で飽きることがなくあっという間に着いてしまい
ました。特にジュネーブ・モントルー間はワイン畑やレマン湖
沿いを線路が走っていて本当に綺麗なんです。

ところで↑写真はツェルマットの大通りですが右後ろにマッターホルン
が覗いてるのが見えますか。スイスにはホテル学校もあわせて
かなり長く在住してたのに実物を見るのは初めてでした。
マッターホルンはアルプスの一部で標高4,478メートルも
あるんですよ。
P1010<br />850.jpg
↑こっちはもう少し近づいたところ。

時間が無くて上までは行きませんでしたがロープウェイでもっと
近づくことも出来るみたいです。でもこの雄大な姿を見られた
だけでも遠くまで来た甲斐があったというものです。

一週間の家族旅行はあっという間に終わりこの次の日には
全員帰国してしまいました。離れて暮らしていると難しいけど
一年に一度は行き来できたらいいかな。また来て下さいね。
page top
アヌシー散策
P1010839.jpg
先週の水曜日から日曜日までオランダに行ってました。
また更新されないから心配をした方もいるのでは?予期せずに
アムステルダムではゲイパレード(!)に出くわしたりしましたが
何とか無事にスイスに戻ることが出来ました。

さて家族のスイス訪問の続きです。パーティーの翌朝は姉の
家族が一足先に日本に帰るため空港へ。上の甥っ子は帰りたくなくて
飛行機で号泣したとか。

その日は疲れがたまっていたため軽めにジュネーブから車で
1時間離れた所にあるフランス領のアヌシーに行くことに。
日曜日ということもあって湖の周りにはジョギングをする人や
ピクニックをする人で溢れていました。旧市街には湖から流れ込む
川沿いにこじゃれたカフェが並んでいてなんともいえないヴァカンスの
雰囲気が漂っています。ジュネーブ滞在で半日時間が空いた時には
ぜひお勧めの街です。


© 山あり谷あり スイス日記. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。