時間のゆっくり流れるスイス、レマン湖のほとりから日々の生活を綴ります。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
ホテル紹介
P1010979.jpg
やっと私の働くホテルを紹介できる時が来ました。今の
ところスパはホテルのお客様のみの使用に限られていますが
始まったばかりにしてはなかなか上手く回転しています。
↑はVichy Showerのキャビン。マッサージベッドの上に
設置されたシャワーを浴びながら身体のゴマージュをします。
P1010977.jpg
こちらはリラクゼーションエリアに続く廊下。細い竹を使った
内装でミステリアスな雰囲気があると思いませんか?この先に
サウナとスチームルームがあります。毎日かなりの数の
お客様が見学に来ていますが嬉しいことに皆さんとても
気に入って帰っていかれます。
P1010985.jpg
↑部屋の中にプライベートスチームルームが付いたキャビン。
全てのマッサージルームにはChromotherapy(色が一定の
速度で変化して精神のバランスをとる物)が天井に設置されて
います。この部屋に限っては壁にもあります。以上簡単な
紹介でしたがいかがでしたでしょうか。前回の更新の時には
皆さんの応援コメントをいただいてとても励まされました。
ありがとうございます。また明日も仕事がんばってきます。
スポンサーサイト
page top
職場
相変わらず残業やスタッフパーティーで忙しかった先週。大方
ホテルは準備が終わり来週のオープンに向けて現実味がおびて
きました。本当は写真を載せたいのですが企業秘密なのであと
一週間だけ待って下さい。

我らがスパは所々に和の要素を取り入れたフランス人に言わせると
「ZEN」(禅)の雰囲気に仕上がっています。ホテル専属の
お花屋さんが土曜日にかなり素敵で独創的な装花をして自然に
笑顔になる程いい感じです。それにしてもフランス人は日本の
文化や日本人のことが好きな人が多いです。ZENからZenifier
(禅になる)という造語も生まれてるし侍やお茶などについても
よく質問を受けます。それに日本人は礼儀が正しいとほめられる
こともしばしば。こういうときは背筋が伸びる気分になります。

そんなこんなで仕事場は楽しいのですが問題が1つ。始める前から
覚悟はしていたフランス語のことです。急いで事を進めなければ
いけない時はネイティブの人はかなりの早口になります。そう
なると上達したとはいえまだまだ付いていけない私。取り残されて
役立たずに感じることもあります。考えすぎると精神的に良く
ないし今の自分では精一杯やっているつもりだから割り切って
行こうと言い聞かせています。同僚も分からなかったら丁寧に
説明してくれるのですがこれがお客様だったらどうなのだろうと
不安も積もります。オープンが楽しみでもあり怖くもある
今日このごろ。
page top
マー坊念願の。。。
P1010952.jpg
結婚式のために日本に滞在していた時に発売されてずっと
欲しくてたまらなかった物。プレステ3です。高いしプレステ2を
持っているから買うなと言い続けていた私ですが本人はどうしても
諦められなかった様子。今日マー坊の働くホテルの気前の
良いお客様が従業員全員に各チップ500フランを残していった(!)
らしく仕事帰りに残りの額は自腹で買ってきました。そのうれしそうな
様子に妻は何も言えず。。。グラフィックはすごいけどゲームと
言えばスーパーマリオが一番好きな私にとってはお金の無駄遣いに
見えてしまいます。
P1010965.jpg
それとは別に日本食材店にも立ち寄りました。↑戦利品の一部。
日本食は作るのも食べるのも大好きですが材料の値段に買うのを
躊躇してしまうこともしばしば。例えば今日買うのを諦めたものは
かまぼこ。確か6,50フランでした。↑の右端のふりかけなんて
私が気が付かないうちにマー坊がかごに入れていて帰って値段を
見てびっくり。7,80フランもしました。

そして私の大好物の納豆。3パックセットで3,80フラン。どれも
日本の3倍くらいの価格ですよね。冷凍庫に入れて1つずつ大切に
食べているのですが最近になってオランダ人のマー坊も好きに
なってしまったのです。私が食べていると納豆納豆~とすぐに
寄って来るからなるべくマー坊のいない時を見計らってこっそりと
食べています。後は私のもう1つの大好物の梅干しを克服しない
ことを願うばかりです。。
page top
男性向けトリートメント
20070902225104.jpg
↑スパで使用する化粧品メーカーのサンプル。もともとは
これの4倍くらいありました。頭がこんがらがり中。

この会社ともう1つのメーカーも男性向けの基礎化粧品と
トリートメントを開発しています。男の人も自分の肌や身だしなみに
気を使うようになったんだなと不思議な気分です。髭剃り後の
ローションくらいなら分かるけど保湿液やゴマージュ、マスクまで
そろっています。ヨーロッパでもビジネスマンが甘皮を整えに
ネイルサロンに行くのも稀ではないようです。甲子園球児たちが
眉毛を整え始めた頃におぼえた違和感と同じような感覚が。。

かといって手入れをすることは必要なのかもしれません。
習ったところによると男性の肌は女性のものより25%増の
厚みがある上にコラーゲン繊維に富んでいて抵抗力があります。
しかし日常の髭剃りや手入れをしないことによって30歳を過ぎる
頃には深いしわや肌の衰えが目立ってきます。(男性は平均で
一生に3,000時間を髭剃りに費やすそうです!)気にしない人が
ほとんどでしょうが隠れてアンチエイジング対策を始めてみるのは
いかかでしょうか。


© 山あり谷あり スイス日記. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。