時間のゆっくり流れるスイス、レマン湖のほとりから日々の生活を綴ります。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
動物保護センターInジュネーブ
P1030286.jpg
前年はニオンにある動物保護センターに行きましたが
今日はジュネーブのものに訪問しました。ここはニオンの
よりかなり大規模で昨年は417匹の犬を受け入れたそう
です。聞いた話によると迷っていたわけではなく捨てられた
動物がほとんどだそうです。ということは1日1人以上の
心無い人がペットを捨てに来るわけでなんとも悲しい事実
です。
P1030290.jpg
今日は見学に行ったらちょうど散歩の時間で私たちも
係りの人が連れてきたゴールデンレトリバーの女の子を
散歩させてもらいました。可愛いでしょ。週に3日だけ
身分証明書さえあれば誰でも犬を外に連れ出せる制度が
あります。8歳というエンジェルちゃんは名前を呼んでも
アイコンタクトが出来ませんでした。どういう生活をして
きたのだろうかと考えると悲しくなります。

1時間ほど散歩した後は↑こんな笑顔を見せてくれ
ました。このこのほかにもジャーマンシェパードや
ドーベルマンをはじめとした大型犬が20頭ほど
いました。早く受け入れ家族が出てきますように。
スポンサーサイト
page top
怪奇現象!?
P1030267.jpg
今朝起きたらベッド脇のライトスタンドの電気がついて
いました。まだ寝ぼけた状態で夜電気をつけたまま寝て
しまったのかななんて考えていました。が、ぼーっと
見ているとついたり消えたりしています。これで眠気が
一気にさめて体じゅう鳥肌が。

このライトはコンセントに光の強さを調節するスライドが
付いています。怖かったのですが手を伸ばしてOFFに
なっているのを確認しました。その間もライトは強さを
変えながらピカピカしています。マー坊はホラー映画
好きのわりに肝心な場面では目を覆って私より怖がり
ます。そんなチキンのマー坊は壁に映る影を幽霊なの
ではないかと言い出しました。

それ以上見ているのは怖かったのでコンセントを元から
抜いて出かけて帰ってきてからも寝室には怖くて入って
いません。他のライト類は普通だったので電流の
不具合ではなさそうだし電気スタンドが馬鹿になったか
本気で怪奇現象なのか。。誰か説明できる方いらっしゃい
ますか。

page top
近況
気がついたら前回の更新から1ヶ月もたっていたようですね。
もっとちゃんとスイスでの日常を届けて離れている家族や
友達に心配かけないように心がけます。

ここ最近は休みのたびに山の別荘に行っています。スキー
シーズンはまだ先ですがさすがに標高が高いため既に
朝晩は5度というのも珍しくありません。朝起きてテラスに
出てひんやりした新鮮な空気を深呼吸する時の幸せ。
なんとも言えません。

では最近の主な活動。まずは6日にマー坊とお義父さんと
出向いたオメガヨーロピアンマスターズ。去年はエヴィアンに
レディーストーナメントを見に行ったのですが今回はメンズ
でした。
P1030225.jpg
入場料は70フランと思ったよりかなり高くてショックを
受けましたが(とはいえ支払いはマー坊父でした)写真に
ある赤いキャップがただで配布されていたりコーヒー一杯が
無料でいただけたりしました。それにしても高い。
クランモンタナという土地柄でしょうか。私たちがいつも
行く所とはぜんぜん違くてリゾートの真ん中にはシャネルや
エルメス等の高級ブティックがずらっと並んでいました。
P1030252.jpg
その前後にはサンモリス(St. Maurice)の洞窟へ寄ったりも
しました。洞窟までの山登りのような急な坂道を登る途中に
こんな素敵な滝がありました。岩全体にコケがはっている
間を少量の水がさらさらと流れていました。
P1030254.jpg
こんなに細かくて繊細な滝を見られるなんて心臓をバクバク
言わせながら登ってきた甲斐がありました。
P1030264.jpg
そして頂上からの眺め。右下に見える道路から歩きました。
洞窟はどうしたかって?滝がちょうどいいハイライトに
なった上に時間が無くなって結局入りませんでした。

次の更新は間をあけずにするので見捨てないで下さいね。

© 山あり谷あり スイス日記. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。