時間のゆっくり流れるスイス、レマン湖のほとりから日々の生活を綴ります。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
Yちゃんスイス再訪
CIMG4528.jpg
皆様ハッピーバレンタイン!ペンギン達がコーラスをしている
ようなこんなに可愛いチョコレート屋さんのウィンドウが
ジュネーブにありました。
CIMG4543.jpg
ホテル学校で一学期だけ一緒だった現在ドバイ在住の
Yちゃんが8年ぶりにジュネーブに戻ってきました。5日間
だけだったけど久しぶりのスイスでリラックスしてくれたかな。

1日目はジュネーブで時計のめぼしをつけた後お山に
むかいました。霧がかかってほとんど景色も見られなかった
くらい悪天候で残念。
CIMG4559.jpg
強風と雪で翌日に下山するときにはこんな事になってました。
雪道の運転はいつもマー坊だから自分で運転する事は
2回目でした。どうしたら良いか分からずスリップしながらも
マー坊のご両親の「ノロノロ運転で」というアドバイスを心に留めて
何とか無事に平地にたどり着きました。

写真にはないのですがこの後はLavey-les-bainsという温泉に行き
マッサージをうけてのんびり。→ラヴェイ・レ・バン
日本の温泉よりかなりぬるくて水着を着て入るのですが
露天風呂やサウナやスチームの施設がそろっていて日常の
疲れを取るにはもってこいです。
CIMG4578.jpg
温泉で3時間ほどゆっくりした後は私たちの母校へ。モントルー対岸の
レマン湖沿いに建つこのピンクの建物で勉学に勤しみました。
平日だった事もあり先生や事務の方の懐かしい顔を拝見する事も
できました。建物をまわって色々思い出しましたが不思議なもので
食堂の匂いをかいで一番鮮明に記憶がよみがえってきました。
匂いって不思議。
CIMG4592.jpg
キッチンも見学しましたがこの日もダイニングルームでの
夕食のためサービスのクラスが忙しそうに行き来していました。
6年たって内装や校則は変わりましたが生徒達の一生懸命な
姿は当時と同じでした。
スポンサーサイト
© 山あり谷あり スイス日記. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。