時間のゆっくり流れるスイス、レマン湖のほとりから日々の生活を綴ります。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
ローザンヌで日本を感じた日
Bejart.jpg
先週になりますがマー坊のお義母さんに誘われて
東京バレエのローザンヌ公演を見てきました。これは
昨年11月に亡くなったモーリス・ベジャールを偲んで
故人が東京バレエ団のために振り付けをした作品を
披露するヨーロッパ遠征の一部でした。

日本に住んでいた時はパリオペラ座やアメリカンバレエ等の
有名バレエ団がよく来日していたので本当によく舞台に足を
運んでいました。でもスイスには大きなバレエ団が来ることは
全くなく舞台独特の躍動感や感動に飢えているところでした。

ローザンヌ公演でやったのは舞楽、バクチ、カブキの3演目
でした。ずっと見てみたかったカブキでは忠臣蔵の物語を
もとに色鮮やかな着物やダンサー達の凛とした迫力など
ヨーロッパには無い日本の独自性が出ていて良かったと
思います。でも切腹のシーンでは会場から少し笑い声が
上がっていて日本とヨーロッパでの観点の違いを改めて
感じました。それでも単純に音楽や踊りや衣装を見る
だけでも楽しめる舞台でした。

それにしてもフランス人でありながらこんなに深く和の美を
理解した上で振り付けをしたベジャールはすごい。

スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示

どこまで続く、Oranjeオレンジ軍団の快進撃v-228v-228
このままいけば20年ぶりの優勝ですねv-315

欧米から見ると、まだまだ東洋はミステリアスな世界なのでしょう。
その中で、比較的海外への道が開けた日本がもてはやされるけど、韓国も、中国にも素晴らしい芸術がいっぱいあると思います。

日本人は、ちょっと日本の文化を大事にしなさすぎますよね!
歌舞伎や浄瑠璃もそうだし、炭焼きだって立派な日本の文化ですゾ!
マリア一家 | URL | 2008/06/15/Sun 02:03 [EDIT]
>マリア一家さん イタリア相手の試合は上手く行き過ぎただけかと
思っていたらフランス相手にもすごい健闘でした。偶然ではないようですね。

ミステリアスだから東洋に憧れる欧米人が多いのでしょうね。
日本を離れていると自国の文化や歴史を語れることは大切だと
思います。質問されることも多々あります。
まりこ | URL | 2008/06/15/Sun 22:57 [EDIT]
ベスト8
まずは オランダの勝利 おめでとうございますv-238
スイスでもオレンジのユニフォームが闊歩することでしょうね。
日本からも声援おくります。








ところで 久しぶりのバレイは楽しんだようですね。
まして日本のバレイ団ともなると・・・
出演者は?
ごっちゃんは?
日本でもまだまだベジャール氏の追悼公演は行われます。
6月にベジャールバレイ団、11月、12月
に東京バレイ団、09年2月にギエム&
東京バレイ団・・・と目白押しです。
12月の公演には由良の助役で ごっちゃんが!
でも黒ラブママとしては、子ども達を置いて行けそうにありません。
公演がバレイなら、舞台は問題なく!
先日来行われた、中村屋の歌舞伎は大変だったようです。
ベルリンとルーマニアのシビウという街だそうですが、環境と国民性でしょうね
でも、いずれにしても いいものは認められるということでしょう。
黒ラブママ | URL | 2008/06/17/Tue 14:17 [EDIT]
>黒ラブママさん オランダの試合が行われているベルンは街中オレンジ色
で埋め尽くされています。周辺のキャンプ場もオランダ化しているみたい。
ローザンヌのサッカー場で練習をしているらしいけど先週の公開練習では
5千人の観客が身に来たんだって。さすがオランダ。

後藤先生は由良の助でした。本当は高岸さんの由良の助が
見てみたかったけど仕方なし。スイスにももっとたくさん伝統芸術の
舞台に来てくれないかな。
まりこ | URL | 2008/06/17/Tue 15:49 [EDIT]

© 山あり谷あり スイス日記. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。