時間のゆっくり流れるスイス、レマン湖のほとりから日々の生活を綴ります。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
シンプル+αネイル
Nail with stones
昨日ネイルを新しくしてきました。→Chez Coco
いつもはマー坊母にスワロフスキーとかのデコレーションは
上品でないから止めたほうがいいと言われているものの
やってしまいました。でもシンプルなフレンチに右手の薬指
だけの飾りだから平気かな。。

少し冒険をしてみたのも来週末にホテル学校の時の
親友が香港から来るからです。2人でプラハへ旅行する予定。
初めての東欧、楽しみです。結婚式以来の再会に来週は
仕事どころでなさそう。
page top
素敵な場所発見
Orchidarium.jpg
最近今まで知らなかった素敵な場所をニオンのお隣の街、
Prangins(プランジャン)発見しました。何だか分かりますか。
orchidarium 3
蘭の栽培&即売センターです。約1000平方メートルの温室で
専門家によって厳選された世界中の蘭が大切に育てられています。
orchidarium 2
私は今まで聞いた事もなかったのですが義理両親の新居
完成祝いのお祝いを探すために花屋をインターネットで
検索していて偶然行き当たったのです。
orchidarium 6
ジュネーブから車で約30分。プレゼントに悩んだり蘭を自宅用に
買いたくても素敵なものが見つからなかったりしたら是非訪れてみて
ください。
Orchidarium 7
Orchidarium←フランス語ですがウェブサイトもあります。お店の人たちも
とても丁寧にアドバイスをくれるので安心です。

ここでひとつ。一昨年親が遊びに来たときに家の蘭を根元から
ばっさり切ったのを覚えているでしょうか。全然育たなくてあれは
間違いだったと父を責めていたのですが実はそれが正解らしいです。
花が終わった後は枝を切るのが普通で次の年に背を低く育てたかったら
根元から、高くしたければ途中で切ってください。私たちの枝が
なかなか育たなかったのは肥料をあげなかったから。定期的に肥料を
混ぜた水を与えましょう。

ということで、疑ってごめんねお父さん。次に来るときには新しい
花が育っている事でしょう。
orchidarium 8
私たちが選んだのは↑この蘭のセットです。天井が高く開放感
たっぷりの新居にぴったりです。我ながら良いチョイスだと感心。
orchidarium 5
そして新居からの眺め。前の家よりさらに標高が高いのでふもとを
見下ろす眺めが圧巻です。レマン湖の向こうにはモンブラン。
毎日この景色を見ながら朝食を食べられるなんてうらやましい。。
page top
湖沿いで
BBQ Chambesy
一昨日スイスに来て初めて湖沿いの公園でBBQをしました。
雷がなる予報だったものの何とか天気はもって日本人の女性
5人とその旦那さん(国籍色々)の計10人で青空BBQを楽しみました。
↑上はバトミントンをやりに行くマー坊。BBQは本格的な物をKちゃんが
持ってきてくれました。ありがとう。
BBQ Chambesy 2
場所はChambésyといってジュネーブ市内から10分ほどローザンヌ
方面に進んだところです。午後になったら人が集まって来ましたが
比較的静かな公園で眺めも良いしお勧めです。ひとつだけ難点は
虫が多いところかな。木陰に集まるみたいでこれには悩まされました。
今年の夏はBBQにはまりそうです。
page top
結婚2周年!
Tulip fest 5
この度めでたく結婚2周年記念日をむかえました。去年の
イタリア旅行のようにどこかに行きたかったのですが今年は
近場で静かーにお祝いしました。
Tulip fest 6
ジュネーブから車で40分ほどの街モルジュでは毎年
チューリップ祭りが行われています。(←観光局のリンクあり)
約10万本の色とりどりなチューリップが植えられているそうです。
Tulip fest
レマン湖沿いの公園なので鴨も何羽か見かけました。これは
パパラッチマー坊と追いかけられて大迷惑な鴨ちゃん。
Tulip fest 2
今年は5月10日までの開催ですがスイス在住の方々は今が
見ごろですよ。花が散ってしまう前に急いで見に行ってください。
Tulip fest 3
結婚記念日当日はこんなにカラフルなチューリップに心を
癒され、その後に別の公園に移動してピクニックをしました。
Tulip fest 4
綺麗なものを見て美味しいものを食べながら改めて反省や
希望を語り合う、そんな何気ない記念日もいいですよね。
でも来年はぜひ旅行をしたい。
page top
可愛い再会
Tulip red
日本には遅れをとるものの我が家のベランダにも春が訪れ
ました。まだ他の色も植えてあるので長い春を楽しめそうです。
Cat Champs
イースター休暇の今週末は山に遊びに来ています。到着した
私たちを迎えてくれたのがこのニャンコ。覚えている人は
いますか。昨年10月に散策に出かけたときにお供をして
くれた猫です。家の中に入りたくて仕方なくてジーっと見つめる
おにぎり顔が可愛い。
Cat Champs 3
あまりにずーっと眺められるので外に出て遊んであげる事に。
このくびれのない首も可愛い。デブ猫が好きな人には
たまらないはず。
Cat Champs 4
この縞々の尻尾も可愛い。でもマー坊とマー坊母が猫アレルギー
だからあまりかまってあげられないのです。この後も何度も
家の中に入ろうと試みるニャンコさん。また会えることを願って
心を鬼にしてバイバイしました。
Nail marble
そして最後に新しいネイル。2度目の今回はミルクティー色と
白のマーブルフレンチにしました。写真では色を出すのが
難しいですがいいなと思った方はこちらへ→友達のネイルサイト
page top
散歩の季節
Dog bag
スイスでもずいぶん暖かくなってきて木々は芽吹き外に出るのが
つらくない季節になってきました。公園を散歩しているとよく見かける
のが↑これ。日本にもあるでしょうか。ゴミ箱の脇に「Bravo」と書かれた
ワンちゃんの落し物用のビニール袋です。馬の大きな落し物はよく
見かけるスイスですが(それもどんなものか。。)ワンちゃんのはよく
管理されています。ま、動物を飼う上で最低限のマナーですが。

そして話は変わりますが日本に住む皆さん、スイスでは一昨日から
サマータイムが始まりました。時差が7時間になりましたのでお気を
つけを。なので午後8時の現在でもまだ空は明るいです。
このサマータイム、日本でも戦後4年間だけ実施されていたのを
ご存知ですか。私は初耳でした。

そして今実施されているのは↓の水色の地域になります。
オレンジ色は以前行われていたけど現在は廃止された地域、赤は
今まで行われたことのない地域になります。同じ国でも州によって
やっていなかったり、地域によっては30分だけ早めたりかなり
複雑な制度ですね。日本でもまた導入しようという運動がなされている
みたいなのでもしかしたらヨーロッパのように夏の日の入りが夜10時
過ぎになるのもありえるかも知れないですね。
DaylightSaving-World-Subdivisions.png

page top
ジュネーブ近郊の方にお知らせ
Nails.jpg
ニオン在住の日本人のお友達がネイルの自宅、もしくは出張
サービスを始めました。ネイルといっても彼女がやっているのは
カルジェルという溶液でもおとせる爪に負担の少ないものです。

私がやってもらったのは写真では色味がよく出ないのですが
クリアジェルとサーモンピンクのフレンチネイルです。つやつやな
感じと春らしい美味しそうな色で気分がうきうきします。これで
約1ヶ月もつそうです。

彼女の自宅の1部屋をネイル用に改造して広々としたくつろげる
空間の中で日本語でお話を楽しみながらどんどん爪が綺麗に
なっていくのを楽しめます。彼女は英語もフランス語もできるので
お客さんは日本人には限らないそうです。フランス語でネイルを
やってもらうのは気が引ける方やジェルは爪が痛むからと
敬遠していた方も是非試してみてください。

彼女のネイルブログのリンクを↓貼っておきます。
カルジェルネイル
今までの作品の写真がたくさんあります。質問やリクエストがあれば
直接ブログから連絡できるようになっています。
page top
またまたスキー
Champ Mars
今年の冬はお休みがあるごとにお山に来てスキーばかり
しています。かわりばえがなくてすみません。
↑は2週間前の夕暮れのようす。
Champ Mars 2
そして↑これが2日前のようす。たまに我に返ってみると
ものすごい景色だなとつくづく思う事があります。いつも
当然のように目の前にあるので深く考える事はあまり
ありませんが自然のものにはどんな芸術もかなわない
美しさがありますよね。

写真で分かるとおりまた雪が降り積もりました。3月に
入ったのにまだスキーのコンディションは上々です。
Champ Mars 3
そしてこの雄大な自然のなか日干しを楽しむマー坊。
冬の間中待ちわびたお日様にあたってお昼寝をしています。
どうしてこうもヨーロッパ人は日焼けが好きなのか。。
page top
Yちゃんスイス再訪 その2
CIMG4611.jpg
学校を訪れた次の日は朝寝坊をしながらも大ボリュームの
ブランチを食べてからニオンの大きなスパーに食材&お土産の
買出しに。買い物が終わって湖沿いに着いた頃には空はすでに
夕焼けに包まれていました。この旅で私たちの口から何度も出た
言葉、「早起きは三文の徳」という言葉が思い出されます。

その日は結局買い物と友達に会っただけののんびりした日に
なりました。
CIMG4634.jpg
そして最終日はローザンヌへ。初めて入ったラデュレの路面店。
お土産に良いような紅茶やエコバッグやキャンドルなどが小さな
お店に所狭しと並んでいました。↓私はお茶のお供にマカロン
だけ購入。ラデュレの右隣にはYちゃん思い出のチョコレート屋さん
があります。ナッツやアプリコット等が入った美味しい板チョコを
量り売りしています。ここに来たら是非お立ち寄りを。
CIMG4637.jpg
カラフルなマカロンは右手前から時計回りにブラックチョコレート、
レモン、コーヒー、フランボワーズ、ピスタチオ。午後のコーヒーに
華を添えてくれます。
CIMG4671.jpg
その日の夜はスイスでの最後の晩餐といえばこれ、定番
チーズフォンデュをしました。普通はフランスパンだけだけど
栄養を考えてブロッコリー、カリフラワー、ジャガイモ、ソーセージ
のフォンデュです。手前はスイス産のドライビーフの盛り合わせです。
CIMG4673.jpg
結構大量に作ったのにバクバクとほとんど食べつくしました。
CIMG4676.jpg
この日はフォンデュ三昧でデザートにはチョコレートフォンデュを
しました。聞いてるだけで胃持たれしそう。

こうしてYちゃんの短いスイス再訪問が終わってしまいました。
あまり特別な事はしなかったけど仕事で世界を飛び回っている
Yちゃんにスイス時間でのーんびりしてもらえたならうれしいです。
いつでも戻ってきてねー。
page top
Yちゃんスイス再訪
CIMG4528.jpg
皆様ハッピーバレンタイン!ペンギン達がコーラスをしている
ようなこんなに可愛いチョコレート屋さんのウィンドウが
ジュネーブにありました。
CIMG4543.jpg
ホテル学校で一学期だけ一緒だった現在ドバイ在住の
Yちゃんが8年ぶりにジュネーブに戻ってきました。5日間
だけだったけど久しぶりのスイスでリラックスしてくれたかな。

1日目はジュネーブで時計のめぼしをつけた後お山に
むかいました。霧がかかってほとんど景色も見られなかった
くらい悪天候で残念。
CIMG4559.jpg
強風と雪で翌日に下山するときにはこんな事になってました。
雪道の運転はいつもマー坊だから自分で運転する事は
2回目でした。どうしたら良いか分からずスリップしながらも
マー坊のご両親の「ノロノロ運転で」というアドバイスを心に留めて
何とか無事に平地にたどり着きました。

写真にはないのですがこの後はLavey-les-bainsという温泉に行き
マッサージをうけてのんびり。→ラヴェイ・レ・バン
日本の温泉よりかなりぬるくて水着を着て入るのですが
露天風呂やサウナやスチームの施設がそろっていて日常の
疲れを取るにはもってこいです。
CIMG4578.jpg
温泉で3時間ほどゆっくりした後は私たちの母校へ。モントルー対岸の
レマン湖沿いに建つこのピンクの建物で勉学に勤しみました。
平日だった事もあり先生や事務の方の懐かしい顔を拝見する事も
できました。建物をまわって色々思い出しましたが不思議なもので
食堂の匂いをかいで一番鮮明に記憶がよみがえってきました。
匂いって不思議。
CIMG4592.jpg
キッチンも見学しましたがこの日もダイニングルームでの
夕食のためサービスのクラスが忙しそうに行き来していました。
6年たって内装や校則は変わりましたが生徒達の一生懸命な
姿は当時と同じでした。
© 山あり谷あり スイス日記. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。